【個別面談】「働き方から考えるオフィス移転」(株)ヒトカラメディア

f:id:barikatsu:20180130192728j:plain

ヒトカラメディアはベンチャー企業に対して、オフィスの選定から内装のプランニングまで、一気通貫で「オフィス移転」のプロデュースを行っています。(社員数約30名)

 

【こんな人にオススメ】

「働く人のモチベーションに興味がある」

「都市部だけではなく、地方の働き方にも携わりたい」

「チームの一体感をつくりだす仕事がしたい」

 

「働く場」と「働き方」にアプローチ

f:id:barikatsu:20180130192221j:plain

ヒトカラメディアは、

=================

「働く場」と「働き方」からいきいきとした組織と個人を増やす

=================

というビジョンに掲げています。

 

オフィス移転の際に、ハード面の提案ではなく、そこで働くメンバーがよりパフォーマンスを発揮できるような「働き方」を加味したプランを提案しています。

 

オフィス環境は、働く人たちのモチベーションに大きな影響を与え、チームの一体感を作り出す可能性を秘めていると、ヒトカラメディアは考えています。

 

「都市」と「地方」の「働く」と「暮らす」をもっとオモシロくする 

f:id:barikatsu:20180130192311j:plain

都市部から離れた「地方」も、ヒトカラメディアが扱う領域のひとつです。

 

働き改革においてもサテライトオフィスが注目されるキーワードになっており、ヒトカラメディア自身が東京にオフィスを構えながら、「軽井沢」「徳島県美波町」にも拠点を構え、「新しい働き方」を模索しています。

 

美波町では、古民家をリノベーションした施設で、都市で暮らす親子を対象とした「デュアルスクール」の実証実験に参加。軽井沢では、別荘や移住向け物件の紹介や「オフサイトミーティング(企業が行う合宿)施設」の運営を手掛けています。

 

f:id:barikatsu:20180130193839j:plain

 

「働く場」と「働き方」というテーマで、自己成長していきたい人は、ぜひ個別面談にご参加ください!