【飲み会レポート】やさしいのに強い風土

こんにちは、バリ活の西脇菜摘です。

 

飲み会レポートとは、「インタビュー」と称してバリ活メンバーが好きなクライアントと楽しく飲み食いするというスペシャル企画です。

 

今回は、ベンチャー気質のデベロッパー「フージャースホールディングス(以下フージャース)」の松村さん(写真右)、高木さん(写真左)と丸の内おしゃれランチに行ってきました。

f:id:barikatsu:20171231173735j:plain

(おいしそうなランチに、にんまり顔&ピースサインの人事部長松村さん)

 

フージャースには、「強くて優しい人が多い」と聞いていますが、それってもしかして細マッチョが多いっていうことなのか!!と、少し興奮気味の西脇です。

 

早速、松村さんに真相を確認すべくインタビュースタートです!

 

やさしいフージャースの風土

f:id:barikatsu:20171231174105j:plain

(食べることが大好きな髙木さん「食べるのにいったん集中します!」)

 

デベロッパーという大きなビジネスにも関わらず、"やさしい"風土だと聞きました。

 

f:id:barikatsu:20180118193234p:plain女性目線の商品開発をしてきたということもあり、活躍している女性が数多くいるんですよ。これこそ、うちの"やさしさ"が分かりやすいところかなと。

 

20代や30代はもちろん、うちには50・60代でバリバリ営業やっている女性も普通にいるくらいですから。ちなみに、女性比率は全体の4割くらいです。

  

ー大手デベロッパーが「総合職の社員600名中、女性は1名だった」という記事を見たことがあります。4割女性となると、同じ業界なのに全然違いますね!

 

f:id:barikatsu:20180118193234p:plain最近は、女性が働きやすい職場だってPR出来ると採用でも有利じゃないですか?

 

けど、うちではこう宣言しているんです。「女性向けの制度は(あえて)作りません!」って。

f:id:barikatsu:20171231174952j:plain

(「制度よりも、ソーセージ!!!?」)

 

ーえ!?制度にしてしまった方がPRに繋がるのでは・・?

 

f:id:barikatsu:20180118193234p:plainそうなのかもしれませんが、そんなことしなくても、昔から女性が活躍しているうちでは、いろんなことが当たり前になっているんですよ。

 

例えば、僕も子供の送り迎えで出社が遅くなることはしょっちゅうあります。その時も、チームメンバーに事前に一本メールを打つだけ。これでオッケーなんですよ。

 

ーわざわざ制度にしなくても自然とできてるんですね。

 

f:id:barikatsu:20180118193234p:plainそうなんです。それに、制度をつくることで、それが「権利」みたいになってしまうとだめだなって考えていて。

 

それぞれが仕事を頑張っていて、ちゃんと成果を出しているから、なにかあったときは周りの人が支えようとする。それが自然と出来ているのが、フージャースらしい風土なのだと思っています。

 

だから、その自然さを大事にするためにも制度はつくらない!っていうのが人事ポリシーです。人事としては楽ですね(笑)

f:id:barikatsu:20171231174640j:plain

(「自然と出来てるからさ~ありがたい~(もぐもぐ)」)

 

強いフージャースの風土

f:id:barikatsu:20171231175505j:plain

(うちの入社1年目の厳しさについてたっぷり教えますわ!!)

 

ーやさしさに続いて、「強さ」についても聞かせてください!

 

f:id:barikatsu:20180118193234p:plainうちはベンチャーの中でもかなりきつい方じゃないかと思います。

 

特に新卒1年目はあえてそういう「きつい環境」をつくっています。

 

ーいったいどんな環境なのでしょうか?

 

f:id:barikatsu:20180118193234p:plain「新人は、まずは自分のチカラでお客さんを連れてくるように」という全社ルールがあります。

 

サイトからの問い合わせやモデルルームに来客される方は、新人には一切割り当てられません。

 

だから、最初はひらすら毎日チャリに乗って朝から晩まで、ポスティングです。お客さんが来ないとやることないですからね。

 

ーそれはなかなかきついですね・・。

 

f:id:barikatsu:20180118193234p:plainいやー、想像以上に大変ですよ、これ。

 

毎日ポスティングを繰り返して、自分でお客さんを呼んできて初めて、接客が出来るんです。

 

そこで経験を積んで、契約が取れるようになってきたら、少しずつ問い合わせのお客さんの対応を任せてもらえるようになります。

 

「うちは1年目から裁量権あります!」って多くのベンチャーが言っていますが、うちはこう言ってますね。

 

「1年目に裁量権はありません!!!!」って。

f:id:barikatsu:20171231175641j:plain

(えぇ、人事としては楽です。研修とか作りこむ必要がないので(笑))

 

ーどうして、ここまできつい経験をさせるのでしょうか?

 

f:id:barikatsu:20180118193234p:plain「1件の重み」を知ってもらうためですね。

 

お客さんは数千万も出して、マンションを購入するんです。それを何もわからない新人が接客するのっておかしいじゃないですか。顧客目線で考えたときに、そんな人から買いたくないよなって。

 

今はこんなこと言ってますが、自分も人事コンサルから転職してきたので、最初こそ「こんなやり方おかしい!そんなことより、早く実践積ませないと新人が育たない!」って思ってたんですけどね(笑)

 

1年くらい様子を見ているうちに「逆だな」と思うようになりましたね。

 

ー「逆だな」と思った理由は、なんだったのでしょう?

 

f:id:barikatsu:20180118193234p:plainやっぱり最初にこういう経験すると、一人のお客さんへの「真剣さ」が全然違うんですよ。

 

このきつい経験を乗り越えて、みんなどことなく顔つきがたくましくなって。本当に頼りになる社員になるんです。

 

3、4年もするとチームを動かすリーダーになる人も出てくるのですが、そうなるともっと顔つきが頼もしくなりますね。

 

デベロッパーはやはりデカい仕事で責任が重いからこそ、「成長角度」がすごい。

 

営業で活躍できれば、そのまま営業でのし上がることもできますし、「土地の仕入れ」や「企画」「広告」など幅広い経験をすることもできますよ。

f:id:barikatsu:20171231175756j:plain

 (「ホント1年目はきっついですよー」と優しく微笑む髙木さん)

 

フージャースの任せる強さ

ー結果を出して、声を上げ続けた人には、任せまくる文化があるそうですね!

 

f:id:barikatsu:20180118193234p:plainそうですね。任せることにも制度とかないですからこう言ってます。

 

「手を挙げたもん勝ちなんだ」って。

f:id:barikatsu:20171231203434j:plain

(えぇ、人事は楽です。勝手に手を挙げて色々やってもらえれば(笑))

 

ー例えばどんな人がどんなことを任されたのでしょう?

 

f:id:barikatsu:20180118193234p:plain大島くんっていう、まるで松岡修造みたいなアツい男がいるんです。

 

大島くんは「海外事業やりたい!やりたい!」ってことあるごとに言っていました。

 

そしたら、あるとき社長が「大島は、海外やりたいって言ってたよな。じゃあ、来週から頼むよ。」って話になりまして。

 

ー想いが届きましたね!!そして、来週って(笑)

 

f:id:barikatsu:20180118193234p:plain早速、翌週にインドネシアジャカルタに行って、市場調査が始まりました。今は、タイに行って事業展開のために奮闘しています。

 

今のASEANって、すごいんですよ。この前、ベトナムでイベントを開催したら、1200名来場、1日で500戸契約(!)みたいな状況で。大行列が出来て、大変なことになって。

 

今の日本とは経済状況が全然違うので、「20代でこういう成長期の経済に触れておいてほしいな」と思いますね。

f:id:barikatsu:20171231174828j:plain

(こういう前のめりな姿勢、応援します!)

 

ー最後に、学生へ一言お願いします!

 

f:id:barikatsu:20180118193234p:plainぜひ、「負けず嫌いな人」に来てほしいですね。うちホント「負けず嫌い」が多いです。みんな、あきらめが悪いというか。

 

特に女性リーダーとかすごいですよ、粘り強いのなんのって。「負けず嫌い」の塊です(笑)

 

そういう女性に尻にひかれつつも頑張りたい、という男性もお待ちしています!一緒に頑張りましょう!!

 

ー松村さん、高木さん、ありがとうございました!

 

f:id:barikatsu:20171231203825j:plain

(松村さん「2人で頑張ろうな?」 高木さん「面白いからこっち見ないで~(笑)」)

 

フージャースホールディングス通常照会記事(事業や特徴など)はこちら

barikatsu-meet.hatenadiary.jp