【飲み会レポート】バイタリティおばけとリリーフランキー①

こんにちは、バリ活の西脇です。

 

飲み会レポートとは、「インタビュー」と称してバリ活メンバーが好きなクライアントと楽しく飲むというスペシャル企画です。

 

今回は、元リクルートグループの不動産デベロッパー「コスモスイニシア」の新卒採用担当、有田直子さん、南野ルイス重成さんと一杯交わしてきました。

f:id:barikatsu:20171106174048j:plain
(なおさんに押され気味の男性陣)

 

とにかく「ヒトが面白い!!!」という噂が絶えないコスモスイニシア

 

実際に会ってみるまで温度感がなかなか伝わらないのは、もったいない!ということで、少しでも“面白さ”を伝えられるよう、いざインタビュー開始です!

 

なおさんってどんな人?

f:id:barikatsu:20171107105406j:plain

(肉、食べるでー!!!)

 

ーまずはなおさんから。軽く自己紹介をお願いします!

 

私、学生時代も自分のやりたいことは全てやっていました。キーワードでいうとこんな感じ。

 

・アメリカとケニアで教育系NGO所属

・マサイ族に求婚され、入族

・ミュージカル団に入団し、1000人集客

無人島で小学生に向け「いのちの授業」

・やりたいことリスト「100」完結

・バックパックで20カ国訪問

 

ーおお!どこから突っ込んでいいのか既に迷子です(笑)こんな風に色々されていたのは大学に入ってからですか?

 

そうですね、高校ではガチンコでバスケばっかりしていました。

 

これがまた厳しい部活で(笑)365日中362日はずっとボールを追いかけていました。

 

それ以外にもあらゆる規則が決まっていて・・・。

 

ケータイ禁止、眉毛そるの禁止、ファーストフード店も禁止、その他にも炭酸・お菓子・クーラー、あと恋愛も禁止でしたね。

 

ー恋愛も禁止!!?まるでアイドルですね(笑)

 

かなり縛られた禁欲生活をしていたので、大学に入ったらいろんな欲求が大爆発しました(笑)お菓子食べて、炭酸飲んで、カラオケオールして・・・大学生っぽいこと沢山やりまくりました。

 

でも、半年くらい経ったあたりで気付いちゃったんですよね。「あ、私目標ない」「何も頑張ってない」って。めっちゃ焦りました。

 

何をしようかって考えた時に、小さい頃から教師になるのが夢だったので「海外の教育を見てみたい!自分の視野を広げたい!そうだ、アメリカに行こう!」と1年間アメリカ留学に飛び立って。

 

これがまた、すごく学びの多い1年で。今までの"当たり前"が完全に崩れました。

 

「自分の世界はまだまだ狭い。もっと広げたい!」

 

そんな想いから、次は途上国の教育現場も見たくなってケニアにも行ってみました。

 

向こうの教育は面白かったです。学校というよりは村全体で子供を育てていて、コミュニティーを通じての教育をしていました。

 

ちなみに、そこで人生初の求婚も経験したり(笑)

f:id:barikatsu:20171106183158j:plain

(大好きなお肉に笑いが止まらないよ~うひょ。)

 

ーきゅ、求婚ですかっ!?

 

現地で、マサイ族の男性に「おまえはこのまま日本に帰るな。家族になれ。」って言ってもらいました。向こうは一夫多妻制という背景もあって。

 

さすがに「いや、帰ります!」って即答しましたけどね(笑)

 

その後日本に帰ってきてからも、「アドベンチャー教育」を促進しているNPOに携わったり、教育の世界にどっぷりはまっていたら、いつの間にか就活シーズンに突入していました。

 

なおさんの就活のお話

f:id:barikatsu:20171106185235j:plain

(楽しそうに教育の話をするなおさん。まぶしい。)

 

ー教育の世界にどっぷりだったなおさんの就活はどんなものだったのでしょう?

 

最初は教員になろうと思っていたんですが、今すぐに「学校教育」にジョインすることへの違和感に苛まれて・・・。で、まずは若いうちに「0を1にするビジネスにも挑戦してみたい!」と考え、就活を始めました。

 

就活自体はすごく楽しくて、本気で相手と向き合っていたら、気づけば名だたる企業から内定をもらっていました。

 

どこもとってもいい会社だったんですが、楽しいだけで進んでしまったこともあって、最後なかなか決めきれなくて。

 

で、改めて「自分と向き合い直したい!」と思い、GW頃に全部辞退させてもらったんです。各社の方にひたすら謝って、私のわがままをなんとかご理解いただきました。

 

ーその後どうなったんでしょうか・・・?

 

本当に真剣に「何のために働くんだろう?」って考えました。

 

出た結論は、やっぱり「死ぬときに笑いながら死ねるくらい、自分の大切な人と想いを大切にし続けたい!」というものでした。

 

教育を通して、人生を楽しめる人を増やしたい。「人生って自分次第でなんぼでも面白く出来る!」って思いっきり伝えられる人になりたい。

 

そのために、「力」と「経験」と「仲間」を得るぞ!と。

 

そう決めて、完全口コミで就活を再スタートして、いろんな人にひたすら会っていきました。

 

そこで出会った会社がコスモスイニシアです。

 

ー出ました!コスモスイニシア!どうでした?どうでした?

 

面談した時に、夢の話を「一緒に」出来て、これがすごく嬉しかったんです。私の就活で実はこれ初体験で。

 

他の会社だと「今のうちのビジョンはこんな感じ」とか「うちのリソースを使えばあんなことも出来るよ」という話がほとんど。

 

「あー、ちゃうねん、ビジョンとかじゃなくて・・・」って、なんかもんもんしていて。

 

でも、コスモスイニシアは「一緒に夢叶えていこう。なおのやりたいことを一緒にやって、社会を変えようぜ!俺の夢はな・・・」って仲間のような感じで語り合えたんですよ。

 

私単純なんで、その言葉に身体が熱くなるくらいキュンキュンして(笑)「ここだと自分の夢を叶えられるかもしれない」そう思いました。

f:id:barikatsu:20171106203351j:plain

(人生一度きり。やりたいことはやったもん勝ち!)

 

ー最後に学生へ一言お願いします!

 

私、本当に「人生は自分次第」やと思っています。自分の理想や夢を叶えてなんぼ。自分らしくてなんぼ。

 

就活って、自分のなりたい姿になるための一つのきっかけやと思うんです。だったら、自分とトコトン向き合って、自分らしく、夢や想いを語り合いたい。

 

人生は一度きり!皆さんはどんな人生を送りたいですか??

 

是非、一緒にじっくり考えられると嬉しいですね^^

 

ーなおさん、ありがとうございました!

 

 

f:id:barikatsu:20171107115921j:plain

(お肉に真面目すぎるなおさん、ルイスさん、伊藤なのでした)

 

▼ルイスさんのインタビューも気になる人はこちら

barikatsu-meet.hatenadiary.jp

 

コスモスイニシアの通常紹介記事(事業や特徴など)はこちら

barikatsu2019ks.hatenablog.com