【飲み会レポート】おせっかい大好き人間集まれ!

こんにちは、バリ活の西脇です。

 

飲み会レポートとは、「インタビュー」と称してバリ活メンバーが好きなクライアントと楽しく飲むというスペシャル企画です。

 

今回は、ていねい通販を運営する「生活総合サービス」の戸田さん(中央・男性)、坂さん(バンさん・1番左・男性)、榎本さん(左から2番目・女性)とワイワイ飲んできました!

f:id:barikatsu:20171130141416j:plain

(坂さんの笑顔がまぶしい・・・!)

 

「うちの社員はとにかくおせっかいが大好きなんです」と三人とも口を揃えて話してくれました。

 

おせっかいとは何ぞ!?

おせっかいな人たちが揃ったら一体どんな会社になるのか?

 

それでは、レッツおせっかい!!(?)

 

後輩二人が語る「おせっかい文化」

f:id:barikatsu:20171130141637j:plain

(これは、もしかして超能力!?戸田さんブレブレ。)

 

ー1年目の榎本さんは、先輩からおせっかいしてもらうことも多そうですね。

 

f:id:barikatsu:20171130144801p:plainそうですね。この人たちおせっかい好きだなーって毎日思ってます(笑)

 

せっかくなので、おせっかいエピソードを一ついいですか?

 

ーぜひ!!

 

f:id:barikatsu:20171130144801p:plain入社してすぐ、慣れない仕事でいっぱいいっぱいの時があったんです。

 

ちょっと疲れたし、トイレにでも行って頭と心を整理しようと思って席を立とうとしたら、立った瞬間に「どうした?何か話聞こうか?」って前の席の先輩が声をかけてくれて。

 

そのまま近くのテーブルに座って、1時間近くも私の話を聞いてくれました。

 

私自身、そんな素振りを見せたつもりはなかったので、「なに!?このトイレに立った絶妙な瞬間で声をかけてくれるって超能力かなにか!?もしかして私の心、読まれてる…!?」って思っちゃいました。

f:id:barikatsu:20171130142033j:plain

(榎本さんが取り分けるのを見守る戸田さん。これもブレブレ。)

 

ーそれだけ気にかけてもらえると悩みとかなくなりそうですね。

 

f:id:barikatsu:20171130144801p:plainんー、あるにはあるんですが、その悩みを一人で抱え込んでしまうようなことはないですね。

 

うちの会社、「なんか悩みない?」っていろんな先輩からしょっちゅう聞かれ続けるんです。周りに沢山一緒に悩んでくれる人がいるので、悩みが本格化する前に解決することも多くて。

 

でも、何にもない時にも「いや、ほんまはなんかあるやろ」ってしつこいんで、逆にそれが悩みかもしれません(笑)

 

ーなんて贅沢な悩み(笑) 

坂(バン)さんはなんかあります? 

 

f:id:barikatsu:20171130145148p:plain先輩から後輩へのおせっかいはもちろんですが、後輩から先輩へのおせっかいも沢山あるんですよ!

 

僕の場合、「あ、(先輩の)戸田さん、今日は忙しくてお昼食べに行ってないぞ」って気付いたら、自分からサッとカロリーメイトを戸田さんの机に置いたりして。

 

あと、戸田さんはトマトが大好きなんで、「ちょっと風邪気味かな?つらそうかも」と感じたときは、サッとトマトジュースを買ってきたり。

f:id:barikatsu:20171130142340j:plain

(戸田さんへのおせっかい話を自慢げにする坂さん)

 

f:id:barikatsu:20171130145618p:plain坂だけじゃなくて、みんなやってくれるからな。ほんといつも助かってる。ありがとな。

 

けど、この際せっかくやから一つ言っていい?

 

俺、トマトはほんまに好きなんやけど、トマトジュースはぶっちゃけ嫌いやねん(笑)

 

f:id:barikatsu:20171130145148p:plainえーーー!?そうなんですか!!すみません・・よくみんなが買ってきたトマトジュースをいくつも机に積んでくれてたから、てっきり嬉しいんかと思ってました(汗)

 

f:id:barikatsu:20171130145618p:plain嬉しいけど、嫌いやから飲むの先延ばしにしてただけや(笑)けど、いつもありがとな!

f:id:barikatsu:20171201054830j:plain

(実は「トマトジュース嫌い」という戸田さんに大爆笑!)

 

戸田さんが語る「おせっかい文化」が生まれたワケ

f:id:barikatsu:20171130143358j:plain

(大先輩である戸田さんのスイッチON。アツい!)

 

ーおせっかいエビソードが尽きませんね。この「おせっかい文化」はどうやって生まれたんでしょうか?

 

f:id:barikatsu:20171130145618p:plainみんな、会社のメンバーが好きで好きでたまらない。だから、一緒に働く相手のことが気になって仕方がないんです。

 

さっき、社内で多くの人が自分のために時間を使って、一緒に考えたり悩んだりしているって話が出たけど、それだけ自分のために向き合ってくれるのならば、自分も相手とちゃんと向き合いたい!って当たり前に考えられるヤツばっかりなんですよ。

 

いやー、相手のことを思いやれるヤツが集まっているんですよね。不器用な子も多いけど、本当にいいヤツが集まってると思う。

 

ーその「本当にいいヒトたち」はどこから集まってくるんでしょうか。難しそうです・・・。

 

f:id:barikatsu:20171130145618p:plainうちの採用は、全然取り繕ってないからじゃないかな。嘘偽りなく、全部見せちゃう。

 

うちは会社として「“非効率”なことこそ、愛する」という仕事の考えが根底にあって。

 

「相手のために思う存分時間をかけなきゃ、気が済まない!」って自然となっちゃうのがうちの人たち。

 

目の前の人が幸せになったら、その家族、友達、その周りの人たちも幸せになるかもしれないでしょ。

 

「目の前の幸せがより大きな幸せにつながる」って、みんな本気で考えて、目の前の人と向き合っているんです。

 

そのために、お客さん一人ひとりにめちゃくちゃ手間をかけていますね。

f:id:barikatsu:20171130143730j:plain

(どのくらい手間をかけているかを再現中)

 

ーおせっかい炸裂してますね(笑)つまり、その手間を惜しまない考え方を採用でも体現していると・・・?

 

f:id:barikatsu:20171130145618p:plainその通り!一人ひとりの学生のためにひたすら時間も手間もかけてる。

 

ここで採用の裏側を言うとちょっともったいないから、実際に体感しに来てほしいです。

 

ただ、先に言っておくと、うちの説明会とか選考って、好き嫌いがはっきり分かれると思っています。

 

「こんな考え方とか、面倒だな」って思っちゃうのが普通ですし。

 

実際、本気で相手と向き合うのってすごく難しくて。良かれと思ったことも、一歩間違えたら有難迷惑だったりするでしょ。おせっかいって難しいんです。

 

けど、このちょっと面倒な価値観に惹かれる人だったら、すごい合ってると思います。おせっかい人に認定です(笑) 

f:id:barikatsu:20171130143830j:plain

(榎本さんは元アイドル。チェキ1枚500円也!)

 

ープライベートも一緒に過ごすことが多いとも聞きました! 

 

f:id:barikatsu:20171130145618p:plainもちろん、しょっちゅう一緒に遊びに行ってますよ。けど、さらに深くプライベートに突っ込むこともあって。

 

この前、「戸田さんに彼氏を紹介させてください!」というナゾな申し出が後輩女子メンバーからあって(笑)

 

よく話を聞くと、どうやら結婚秒読みらしく。「おれは、父親か!!」って(笑)

 

で、その彼氏に会うと、初対面なのに「あの戸田さんですか!」って言ってきてくれて。なんか自分のことをよく知ってるんですよね。

  

配偶者だったり、家族に応援されるって働く上ですごい大事なことだから、彼氏と会うのもかなり責任重大だなと思ってますよ。

 

ちなみに、こういう話も1回じゃなくて何回もあるから。本当おせっかいだよねー(笑)

f:id:barikatsu:20171130144101j:plain

(俺たちほんまおせっかいだわー。)

 

ー最後に、学生へ一言お願いします!

 

「おせっかい文化」っていうキーワードにちょこっとでも興味を持った人は、まずはうちの会社に遊びに来てください!

 

「これでもか!!」ってくらい、おせっかいの真髄をお見せしますよ(笑)

 

ー戸田さん、坂さん、榎本さんありがとうございました!

 

f:id:barikatsu:20171130144259j:plain

(よっ!おせっかい日本一!!!)

 

▼生活総合サービスの通常紹介記事(事業や特徴など)はこちら

barikatsu-meet.hatenadiary.jp