【飲み会レポート】「“ハットリ式企業分析”を使った面談とは…!?」

こんにちは、バリ活の西脇です。

 

飲み会レポートとは、「インタビュー」と称してバリ活メンバーが好きなクライアントと楽しく飲むというスペシャル企画です。

 

今回は、事業創造を理念に掲げる「Visionary(大阪本社)」服部さんと男3人で“男子会”を実施しました!

f:id:barikatsu:20171017115717j:plain

ギンガムチェックが服部さん。高身長のさわやかイケメンです。)

 

~服部学さんプロフィール~
神戸大学農学部卒。大学では「ダムの崩壊」を研究。新卒で100名弱の人材会社に入社。退職後、しばらく自営業として働き、さらなる刺激を求めVisionaryに転職。好きなダムはもちろん黒部ダム

 

どうやらVisionaryの面談では、イケメン服部さんが「ハットリ式企業分析」というフレームワークを使って就活のコンサルをしてくれるらしいです・・・・。

 

一体どういうこと!?教えて、ハットリさーーーん!!

 

「お金をもらいながら学ぼう」と決めた新卒時代

ーまずは、服部さんの就活について聞かせてください!

 

3回生の時に、バイト先の個別指導塾の経営者とお会いしましてかなり影響を受けました。

 

当時この方は、創業期ということもあり、毎晩遅くまでハードに働いていたんですが、学生の自分から見て、仕事が楽しそうで本当にもう格好よかったんです。

f:id:barikatsu:20171017115926j:plain

(塾の経営者エピソード語り中。目がキラキラしてます。)

 

それから「どうすればこういう人になれるだろう?」って思いながら、ひたすらビジネス書や経済書を読み漁って・・・多分500冊以上は読んだかと。

 

ーご、500冊!?

 

無我夢中で読みました(笑)

 

読み進めていくうちに、「人口減少時代」といった現代の時代認識というか、今の「成熟した日本の社会構造」への理解が進んで、こう思うようになりました。

 

「会社に頼るのではなく、個で戦える人になろう。」

 

そこで出てきた就活の軸が、「成長のロールモデル」というものです。企業訪問では自分より少し上の先輩たちが、どれくらいの仕事をしているのかを重点的に見ていきました。

 

新卒で入社した人材会社では、面接で出てきてくれたMさんがまだ20代なのに30人もの部下(!)を持っていて、「ここはチャンスありだ!」と思ったのを強く覚えています。

f:id:barikatsu:20171017145928j:plain

(オススメの本は稲盛和夫『生き方』。渋い。)

 

Visionaryへの転職「この人からノウハウを盗みたい。」

ー“学”という名前だけに「学習欲」が強いのでしょうか!?Visionaryに入ったきっかけも気になります。

 

1社目の人材会社を退職した後、しばらく自営業を営んでいたのですが、そのときに仕事の関係でVisionary代表の山本と会う機会がありました。

 

僕が新卒で学んだ営業って「行動力!人間力!最後は気合!」みたいな要素が強かったんですが、山本は180度違った。


営業という感覚的なノウハウを、細分化して分析して、きちんと体系化して語ってくれるんですよ。「さすが元上場企業のTOPセールスだ」と思いました。

 

それに、山本の経営思想にもとても共感しました。  

 

ーそれで「この人をロールモデルにして働きたい」と?

 

その通りです(笑)

 

山本から「ノウハウを盗みたい」「一緒に目標を叶えたい」という衝動のようなものが湧いてきて、Visionaryに迷わずジョインしました。

 

今も社内では、

「ルールは破れ」

「先輩に逆らえ」

「2年で引き抜かれる人材を目指せ」

といった成長ワードが飛び交っています。(編集注:それぞれのキーワードの意味は面談で聞けるそうです。)

 

僕みたいに貪欲に学びたいタイプや成長志向の人には、本当にピッタリの会社だと思います。

f:id:barikatsu:20171017153303j:plain

(自己成長と肉には貪欲です!!!)

 

個別面談「ハットリ式企業分析」のフレームワーク

ーVisionaryの面談では、就活のコンサルをしてくれると聞きました!

 

はい。「僕自身があなたの立場に立って、今就活するなら?」という観点で、来てくれた学生一人ひとりに本気で思考してアドバイスしています。

 

根性だけで成長できる時代ではないので、企業選びにもちゃんと頭を使えるかどうかが重要です。

 

自分が就活したときは「成長のロールモデル」といった観点が中心でしたが、仮に今の自分のビジネスリテラシーを持ちつつ就活するなら、もっと多面的にロジカルに深堀しますね。

 

ずばり「ハットリ式企業分析」といったフレームワークです。あ、これ今適当に付けました(笑)

f:id:barikatsu:20171017155742j:plain

(ハットリがあなたの就活をコンサルします!)

 

ー「ハットリ式」!いいですね!!

 

ありがとうございます(笑)

 

もし、「成長環境」を求めるならば、企業が伸びていくのは必須条件だと思うのですが、それを判断するにはその企業の「ビジネスモデル」を見なくてはなりません。

 

「クライアントの課題は何か?」「扱う商材のバリューは何か?」で学びの”深さ”や“方向性”が全然違いますからね。

 

さらに「ビジネスモデル」に加えて、「財務」の面からの分析も欠かせません。会社にキャッシュ的な余裕があって事業や人材に投資できるからこそ、企業は成長していくものです。

 

あ、少ししゃべりすぎましたかね(笑)

 

このフレームワークの詳細は、面談でお話しましょう!きっとあなたのキャリア構築に気づきがあるはずです。 

f:id:barikatsu:20171017160615j:plain

(ではでは、私は今日はこの辺で・・・・)

 

ーちょっと待ってちょっと待って、お兄さん!(古い)最後にどんな学生と会いたいか教えてください!!!

 

おっとっと。では、最後にちょっとだけ。

 

面談では、自分の夢を持っている人に会いたいと思っています。

 

僕は「夢=我欲(がよく)」と言っているのですが、モテたいとか、いい家族を築きたいとか、社会貢献したいとか、お金持ちになりたいとか、本当になんでもいいんです。


そういう「我欲の強い人」は、面談していて僕自身も楽しいし、「周りの人たちに流されない人」や「NOをはっきり言える人」も好きです。性格が多少悪くたって全然OKです。

 

面談では、学生ではなく“1人のビジネスパーソン”として見るので、良い悪いはっきりフィードバックします。言いたいことをズバッと言うので、もしかしたらひどい面談かもしれません(笑)

 

それくらい本気であなたのキャリアについて深堀りして一緒に考えるので、ぜひ一度お会いましょう!!

 

ーVisionary服部さん、ありがとうございました!

 

f:id:barikatsu:20171017161835j:plain

(男子会、これにて解散!!!)