「会社の看板ではなく、自らの提案力で勝負」㈱CDC

f:id:barikatsu:20170929140849j:plain

CDC(キャリアデザインセンター)は、元リクルート役員が立ち上げた人材会社です。(東証一部上場 / 500名)

 

リクルートマイナビ・パーソルなど人材大手とコンペで戦うことが多く、会社の看板ではなく、その人の「提案力」が問われます。

 

【こんな人にオススメ】

「20代は成長角度を上げ続けたい」

「会社の看板ではなく、自分の“提案力”で勝負できるようになりたい」

「様々な業界の人たち相手に仕事をしてみたい」

 

個人の成長にコミットする組織とは?

f:id:barikatsu:20160829161749p:plain

CDCには、年に「4回」もの表彰制度やインセンティブ制度があり、常に自分の「成長角度」を振り返ることができる環境と言えます。

 

リクルート的なバックボーンも強いため、成果を上げた人には称え、お互いに刺激しあうことで、高い目標に向かって走り続けるカルチャーです。

 

18内定者の声

「人に承認してもらえないと頑張れない」という自分の弱さにうすうす気づいていて就活を始めました。その弱さも含めて自分と本気で向き合え、自分を変えれるかもしれないと思ったのがCDCの選考プロセスでした!(関大・女)


元々受けていた人材ベンチャーは、色々な事業を手広く展開していく考え方でした。それに対しCDCは強く太い事業軸を何本か持っていて、「やるなら徹底的に極める」という考え方の自分にぴったりはまりました。(阪大・女)

 

個別面談「CDCならではの成長環境とは?」

f:id:barikatsu:20160908141409p:plain

KDDIバンダイナムコトレンドマイクロレコチョクティファニーLUSHユナイテッドアローズなどをクライアントに持ち、採用戦略を立ててきた社員の方と「CDCならではの成長環境とは?」をテーマに個別面談を実施します。

 

会社の看板に依存せず、個々の「提案力」で勝負する仕事の醍醐味をぜひ詳しく聞いてみてください!

 

※個別面談は、バリ活の面談担当が推薦した学生のみ対象となります。